• ソフトバンクエアーのエリアについて説明致します

    ソフトバンクエアーは、ソフトバンクが提供しているインターネット接続サービスで工事をしなくても端末をコンセントに繋ぐだけでインターネットに接続できるサービスです。
    光回線は回線を引き込む工事が必要になりますが、ソフトバンクエアーはスマートフォンで使われている4G・LTEと言われる電波を使ってネットに接続しているため、工事は必要有りません。



    但し光回線と比べ、電波を使っていますので速度が多少お遅くなりますが、通常インターネットを使う場合に支障が出るようなことは無く安心して使用することが出来ます。
    ソフトバンクエアーの対応エリアは、スマートフォンや携帯電話のエリアとは異なりますので注意が必要です。



    公式ページ「SoftBankAir」で住所別の下り最大通信速度情報が記載されていますので、お住いの住所から検索すれば確認出来ます。



    ただ「利用可能地域でも使えない場所がある」と言っていますので、使用できるエリアを正確に確認したい場合には問い合わせることが必要です。


    通信速度は、端末が2種類ありそれぞれ下りのスピードが違っています。


    Airターミナル2が最大261Mbps、Airターミナル3が最大350Mbpsとなっています。
    上りは両方とも10Mbpsなので動画のような重いファイルをインターネット上にアップロードする場合は多少時間が掛かるため注意もが必要ですが、普通に使用する限りにおいて問題有りません。
    住所からソフトバンクエアーを使用出来るエリアで有れば、インターネット回線として検討することをお勧めします。